病気予防・健康づくり 健診をうけるとき 病気予防・健康づくり 健診をうけるとき

中建国保の集団健診

中建国保では、健康診断および保健指導の費用負担をしています。支部・出張所が開催する集団健診をうけましょう!

  対象者
健康診断
  • ①すべての組合員
  • ②中建国保に加入している20歳以上(年度中に誕生日を迎える方を含む)の家族
保健指導 健診の結果、メタボリックシンドロームの予備群または該当者となった40歳以上の方
  健診内容
①基本健診
(特定健診)
生活習慣病の予防に着目した健診(特定健診の項目はこちら
②胸部
レントゲン撮影
職業病(アスベスト)対策として
③がん検診 死因第1位であるがん予防のために
注意

・年度につき1回の補助とします。

・各支部によっては、上記3つの健診の他にオプション項目をつけている場合があります。

注意

医療機関等の窓口での『オンライン資格確認』の開始により、みなさんが中建国保加入以前の保険者で受診した特定健診結果を中建国保が自動的に取得することができるようになりました。取得した特定健診結果は医療情報とともに分析し、みなさんへの的確な保健事業の提供に活用されます。

もし、加入以前の特定健診結果を中建国保に取得されたくない場合は、「不同意の申出」が必要になります。詳しくは所属の支部・出張所にお問い合わせください。

※この申出は、加入する保険者が変わると「同意」に戻ってしまいます。中建国保に加入以前の保険者に申し出ていた場合も、改めて中建国保で「不同意の申出」をしてください。

不同意申出書はこちら

集団健診を受診できなかったとき

やむを得ず集団健診に参加できず、かかりつけの病院などで健診をうけたときは、以下の申請により補助をします。

健診区分 補助額
①基本健診(特定健診)
特定健診の項目はこちら
7,000円まで
②胸部レントゲン撮影 2,000円まで
③がん検診 2,000円まで
注意

・費用は窓口で全額をお支払いください。

・必ず①の基本健診を受診してください。②または③のみの申請は受け付けません。

・「特定健診の検査項目」を必ずうけてください。受診するときは病院に
その旨をお伝えください。

・年度につき1回の補助とします。

●保険証と印鑑の他に必要な書類

  • ①健康診査補助金支給申請書
    (中建国保の窓口にあります)
  • ②領収書
  • ③結果表などの健診内容を確認できる書類
  • ④特定健診問診票(40歳以上の人のみ)
注意

医療機関等の窓口での『オンライン資格確認』の開始により、みなさんが中建国保加入以前の保険者で受診した特定健診結果を中建国保が自動的に取得することができるようになりました。取得した特定健診結果は医療情報とともに分析し、みなさんへの的確な保健事業の提供に活用されます。

もし、加入以前の特定健診結果を中建国保に取得されたくない場合は、「不同意の申出」が必要になります。詳しくは所属の支部・出張所にお問い合わせください。

※この申出は、加入する保険者が変わると「同意」に戻ってしまいます。中建国保に加入以前の保険者に申し出ていた場合も、改めて中建国保で「不同意の申出」をしてください。

不同意申出書はこちら

節目年齢の人間ドック受診を補助します

年度中に40歳、45歳、50歳、55歳、60歳、65歳、70歳の誕生日を迎える人が、特定健診にかえて人間ドックを受診したとき、以下の金額を補助します。人間ドックには特定健診、胸部レントゲン撮影、がん検診を含むこととします。特定健診と人間ドックは年度中どちらかの補助となります。

※受診の際は、支部・出張所にお問い合わせください。

  ドックの費用額 補助額
人間ドックA 30,000円以上
40,000円未満
15,000円
人間ドックB 40,000円以上 20,000円

※30,000円未満の人間ドックを受けた場合は、特定健診及び胸部レントゲン撮影、がん検診を含む追加健診を併せた11,000円までの補助となります。

令和3年度人間ドック対象者

年齢
(年度中に以下の年齢になる人)
生年月日
40歳 昭和56年4月1日~昭和57年3月31日
45歳 昭和51年4月1日~昭和52年3月31日
50歳 昭和46年4月1日~昭和47年3月31日
55歳 昭和41年4月1日~昭和42年3月31日
60歳 昭和36年4月1日~昭和37年3月31日
65歳 昭和31年4月1日~昭和32年3月31日
70歳 昭和26年4月1日~昭和27年3月31日

TOP