交通事故・仕事中のケガ 仕事中にケガをしたら 交通事故・仕事中のケガ 仕事中にケガをしたら

仕事中にケガをしたら

仕事中のケガ、仕事が原因で起きた病気、仕事の行き帰りの事故は労災保険(労働者災害補償保険法)で治療を受けるのが原則です。
従って組合員は労災保険に加入していただくことになります。

お医者さんのかかり方

中建国保の保険証は使わず、お医者さんの窓口で「仕事中のケガです」とはっきり言い、労災保険から給付を受ける手続きをしましょう。

最初から労災保険で手続きができなかったときは、お医者さんの窓口で、いったん中建国保の保険証を提示して治療をしていただきますが、すみやかに所属する支部・出張所に届出をし、後日、改めて労災保険に切り替えることになります。その場合、医療費を中建国保に返還していただき、組合で労災保険の加入者であることを証明してもらい、ご自身で労災保険に請求手続きを行うことになります。ただし、労災保険指定の医療機関であれば、後日でも申出により窓口で労災保険への切り替えができる場合もあります。

TOP