中建国保のご案内 どんな組合? 中建国保のご案内 どんな組合?

中建国保のお財布

中建国保は、組合員の皆さんが負担している保険料と国庫補助金から成り立っています。どちらも安定的に運営していく上で、非常に大切な財政収入です。保険料と国庫補助金のほとんどが皆さんの健康を守るために使われています。

一世帯あたり月額による収支の内訳(令和2年度)

中建国保の医療費(一人あたり支払額)

保険給付費はここ数年増加傾向にありましたが、令和2年度は新型コロナウイルス感染症の感染拡大による受診控えの影響で減少しました。過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性もあります。かかりつけ医や中建国保健康相談室などを活用しながら、コロナ禍でも適切な治療や健診を受け健康管理を行いましょう。

また、保険料の引き上げを少しでも抑えるためにも医療費は大切に使い、健康のためにも日頃から健康づくりや体力づくりに励みましょう。

一人あたり保険給付費(円)

国保組合の特長を活かした運営

・中建国保では独自の制度として、病気などで仕事ができず収入がなくなってしまう建設職人の生活を支えるために、償還金や傷病手当金などの制度を設けています。

・健全な運営を続けていくために、集団健診を実施して重症化予防に努めたり、医療費を使いすぎないよう組合員同士で協力し合っています。

・国庫補助金の安定確保のために、母体組合のハガキ要請行動など、皆さんの協力をお願いしています。

TOP