病気予防・健康づくり 保養施設を利用するとき病気予防・健康づくり 保養施設を利用するとき

保養施設を利用するとき

中建国保では、みなさんの健康増進のための保健事業として、保養施設の利用者に補助をおこなっています。

余暇をつかって、保養や心身のリフレッシュにご利用ください。

補助の対象者

保養施設に宿泊した日に中建国保に加入していれば補助をうけられます。(ただし、宿泊料金が無料の場合は補助の対象者から除きます)

補助額

1人あたり3千円を、年度内に1回補助します。(4月1日から翌年3月31日までの宿泊に適用)

利用方法

下記をご覧いただき、利用申込みをしてください。ほとんどの施設は直接受け付けていますが、宿泊を希望する施設と申し込みを受け付けるところが別の場合があります。

利用証明

宿泊した保養施設で、「保養施設利用者補助金申請書」に利用証明をうけてください。

宿泊した保養施設で、「保養施設利用者補助金申請書」に利用証明をうけてください。

補助金の請求手続き

「保養施設利用者補助金申請書」を所属の支部・出張所に提出してください。

保養施設の利用から補助金の申請までの流れ

○○さん一家の休日を例にとって、中建国保の補助対象となる保養施設の利用のしかたと、補助金の申請までの流れをご紹介します。

○○さん一家は、お休みに温泉に出かけることになりました。○○さん一家は、お休みに温泉に出かけることになりました。
中建国保の補助対象の保養施設は全国約700ヵ所です。施設を利用する場合は、利用者がご希望の保養施設または予約申し込み受付先にお申し込みください。利用条件、料金、付帯設備、予約開始の時期は、施設や利用時期によって異なります。あらかじめ各施設にご確認ください。中建国保の補助対象の保養施設は全国約700ヵ所です。施設を利用する場合は、利用者がご希望の保養施設または予約申し込み受付先にお申し込みください。利用条件、料金、付帯設備、予約開始の時期は、施設や利用時期によって異なります。あらかじめ各施設にご確認ください。
保養施設をご利用の際は、「中建国保の便利帳」に付いている「保養施設利用者補助金申請書」(以下「申請書」)をご持参ください。保養施設をご利用の際は、「中建国保の便利帳」に付いている「保養施設利用者補助金申請書」(以下「申請書」)をご持参ください。
「申請書」には、あらかじめ利用される人の氏名、保険証の記号番号など必要事項を記入しておき、宿泊当日に施設の受付に提出し宿泊利用した証明をうけてください。なお、複数の世帯で一緒に利用される場合であっても、申請書は1世帯ごとにつくってください。「申請書」には、あらかじめ利用される方(被保険者)の氏名、保険証の記号番号など必要事項を記入しておき、宿泊当日に施設の受付に提出し宿泊利用した証明をうけてください。なお、複数の世帯で一緒に利用される場合であっても、申請書は1世帯ごとにつくってください。
○○さん一家は、温泉で日ごろの疲れをいやすことができました。○○さん一家は、温泉で日ごろの疲れをいやすことができました。
楽しかった旅行も終わりました。持ち帰った「申請書」の組合員氏名の欄に、組合員本人の氏名を記入して所属の支部・出張所に提出し、補助金の申請手続きをしてください。楽しかった旅行も終わりました。持ち帰った「申請書」の組合員氏名の欄に、組合員本人の氏名を記入して所属の支部・出張所に提出し、補助金の申請手続きをしてください。
記入事項を確認して、組合窓口に提出。だいたい、1ヵ月くらいで補助金がおります。そのほか、この制度に関してご不明の点は所属の支部・出張所にお問い合わせください。記入事項を確認して、組合窓口に提出。だいたい、1ヵ月くらいで補助金がおります。そのほか、この制度に関してご不明の点は所属の支部・出張所にお問い合わせください。

TOP