必要な手続き・保険証 75歳になる人がいるとき 必要な手続き・保険証 75歳になる人がいるとき

75歳になる人は後期高齢者医療制度に移行します

75歳になった人は後期高齢者医療制度に加入することになり、中建国保の資格を喪失することになります。
(65歳以上で一定の障害認定をうけている人も該当します。)

こんなとき 家族の資格
組合員が75歳になるとき 75歳になる組合員とともに家族も中建国保の資格を喪失します。
家族が75歳に
なるとき
該当する家族のみ、中建国保の資格を喪失します。

※75歳になり、後期高齢者医療制度へ移行する予定者がいる世帯に「後期高齢者医療への移行のお知らせ」を送付しています。

注意

・中建国保をやめるときは保険証を返してください。

・資格がなくなった日以降に中建国保の保険証を使って病院にかかった場合、その医療費を返してもらうことになります。

後期高齢者医療制度のしくみ

都道府県単位で設立した後期高齢者医療広域連合が保険者となり、「後期高齢者医療被保険者証」(保険証)の作成や医療の給付を行います。また、各種届出の受付等の窓口業務や保険料の徴収は、お住まいの市町村(特別区を含む)が行います。

TOP