交通事故・仕事中のケガ 交通事故にあったとき 交通事故・仕事中のケガ 交通事故にあったとき

交通事故にあったら

届け出はすみやかに中建国保への届け出は義務です

第三者(加害者)からうけたケガなどの治療費は、被害者の過失を除き、加害者が損害賠償の負担をすべきものです。

ただし加害者がすぐに損害賠償してくれない場合や治療が長期にわたるときなどは、中建国保の支部や出張所に届け出ることにより、いったん中建国保の保険証を使って受診することもできます。この場合、中建国保はあくまでも加害者に代わって治療費を一時立て替えているわけです。

交通事故にあったときの手順

中建国保の保険証を使う場合

交通事故によるケガなどで中建国保の保険証を使う場合(人身傷害補償保険等を使う場合も含む)は必ず支部・出張所に届け出ましょう。

注意

・届け出または連絡のないときは、国民健康保険法の保険給付制限規定により、医療費の全部または一部の返還を求められるなど、不利益になることがあります。

・届け出る書類の作成については、損害保険会社が代行してくれることもあります。ご自身もしくは相手方の損害保険会社に確認してください。

届出に必要な書類

手続きにはマイナンバーの記入と本人確認が必要です。(本人確認の書類についてはこちら

必要な書類
  • ○中建国保の窓口にあるもの
  • ・第三者行為による傷病届(被害届)
  • ・調査書
  • ・事故発生状況報告書
  • ・念書
  • ・同意書
  • ・誓約書
  • ○用意していただくもの
  • ・交通事故証明書
  • ・マイナンバーに関する本人確認書類

示談のとき

加害者と示談するときも、必ず前もって中建国保の支部・出張所に相談をしてください。

加害者に損害賠償請求ができなくなったり、被害者自身が治療費の負担をしないよう次のことに気をつけましょう

・権利の放棄や加害者の過失を軽減しないようにしましょう。(休業補償、慰謝料等が減額される場合があります。)

・後遺症が残る場合があるので、示談はケガなどが治ってから締結しましょう。

TOP