中建国保の給付 接骨院・整骨院(柔道整復師)での施術について中建国保の給付 接骨院・整骨院(柔道整復師)での施術について

接骨院・整骨院(柔道整復師)での
施術について

接骨院・整骨院(柔道整復師)での施術は保険給付の「療養費」に該当します。しかし、他の療養費とは違い、いったんかかった費用の全額を支払うのではなく、施術をうけた人が療養費のうけとりを柔道整復師に委任するかたちをとります。窓口での支払いは一部負担金相当額で済み、中建国保が保険者負担分を直接柔道整復師に支払います。

接骨院・整骨院で保険が適用される範囲

柔道整復師による施術は医師の診療と違って、保険証が使える範囲が限られていますので、正しいかかり方を理解して施術をうけることが大切です。

保険証が使える場合

・骨折・不全骨折(ひび)
・脱臼
・打撲・捻挫(肉離れなど)

緊急時以外は、医師の同意が必要

保険証が使えない場合

・日常生活による疲れ、肩こり
・スポーツなどによる筋肉疲労
・病気(神経痛・関節炎・五十肩・ヘルニアなど)からくる痛みやこり
・脳疾患後遺症などの慢性病
・マッサージ代わりの利用

接骨院・整骨院にかかるときの注意点

負傷の原因を正しく伝える負傷の原因を正しく伝える

何が原因でケガをしたのか、きちんと話しましょう。

病院での治療との重複はいけません病院での治療との重複はいけません

同一の負傷について、同時期に医師(整形外科など)の治療をうけている場合などは、保険証を使用して柔道整復師の施術をうけることはできません。その場合は自費扱いとなります。

「療養費支給申請書」の内容をよく確かめ、必ず自分で著名する「療養費支給申請書」の内容をよく確かめ、必ず自分で著名する

「療養費支給申請書」に記載されている負傷名・施術日数・金額をよく確認し、必ず自分で署名しましょう。

治療費が長期にわたる場合は、内科的要因も考えられますのでお医者さんの診察をうけましょう。治療費が長期にわたる場合は、内科的要因も考えられますのでお医者さんの診察をうけましょう。

みなさんへのお願い

中建国保では医療費の適正化対策として、療養費支給申請書の施術内容の点検をしています。その結果、調査の必要があると思われる申請について、実際に施術をうけた人に対して施術日や内容の確認をお願いすることがあります。
中建国保から施術内容の照会があった場合はご協力をお願いいたします。

TOP