中建国保の給付 お医者さんにかかるとき中建国保の給付 お医者さんにかかるとき

70歳以上の人には「高齢受給者証」を交付します

前期高齢者のうち「70歳以上の人」には、その世帯に属する70歳以上の人の所得、収入に応じた自己負担割合を表示してある「高齢受給者証」を中建国保から交付しますので、お医者さんにかかるときは、「保険証」と一緒に提示してください。

「高齢受給者証」の更新について

「高齢受給者証」の更新は毎年8月1日付で行います。更新の時期になると中建国保の支部・出張所から所得証明書類の提出をお願いしています。
また、70歳になる人がいるとき(新たに高齢受給者証が必要になるとき)にも、所得証明書類が必要になります。個別に連絡しますので、必ず所得(課税)証明書の提出をお願いいたします。

TOP